top of page

クリニック紹介

​お知らせ

コーヒーを飲む女性

子宮の教科書 第四十三話

Q10 生理痛がとにかくつらくて薬が手放せない!

A 生理痛は必ず改善できます。

ただし、痛み止めの薬に頼りすぎるのは危険です。


毎月の生理が重いことで、十分力を発揮できないのは、働く女性の大きな悩みでしょう。

たとえ生理中であっても、大事なプレゼンやインタビュー、会議、出張など、あらゆる大切な局面を乗り切らなければいけません。

たとえば生理のたびに、必ず2日間はつらくて十分に仕事ができない、動けない、もう死んだようになってしまう、としましょう。

毎月2日間、1日中家の中で寝ているということは、1年間で24日間も使えない日があるということになります。


著者:宗田 聡医師(広尾レディース院長)

引用:31歳からの子宮の教科書(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)


Comments


bottom of page