top of page

クリニック紹介

​お知らせ

コーヒーを飲む女性

子宮の教科書 第七十話

「対策」

心にゆとりを、身体に自然の安らぎを与えよう


女性であれば必ず与えられている権利のように、誰もが妊娠すると漠然と思っているかもしれません。しかし、スーパーウーマンは世の中にはいません。すべてにパーフェクトを求めるのは不可能です。妊娠したくても、仕事をガンガンすれば当然身体は無理をしますし、子どももできにくくなります。

「仕事の質は落とさないようにしなきゃ」「産休入るから、余計にその分頑張っておかなきゃ」「産休後に復帰しても今みたいにできないし」などとぶつぶつ考えたり、休みの日に「あの仕事の件、どうしよう」などと考えてはいけません。子どもをつくる前、産む前からあれやこれやいっていても仕方ありませんよね。頭と心を切り替えましょう。それに、仕事ができる人ほど、妊娠すると、効率よく時間を使えるものです。


著者:宗田 聡医師(広尾レディース院長)

引用:31歳からの子宮の教科書(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)


Comments


bottom of page