top of page

クリニック紹介

​お知らせ

コーヒーを飲む女性

子宮の教科書 第五十八話

「対策」

ストレスをためず、食事や運動に気を配ることからはじめよう


生理前は心と身体のバランスが崩れています。

リフレッシュを積極的に試して、十分な睡眠とリラクリゼーションで心と身体の緊張をといてみてください。

また、すぐに子どもをつくろうという状況でなければ、排卵を抑える低用量ピルを飲むのも非常に効果的です。


本来なら自分自身で出している女性ホルモンを、ごくわずかに外から薬として飲むことによって、頭(脳)が勘違いし、本来なら身体が行っているホルモン調整(変動)がなくなります。そのため、先ほどのような重い生理前の症状が出なくなります。


生理が始まっても、あるいは生理が終わってからも調子が悪い時は、心療内科での診察も視野に入れてみましょう。


著者:宗田 聡医師(広尾レディース院長)

引用:31歳からの子宮の教科書(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)

https://www.amazon.co.jp/dp/4799312499


<第五十七話へ    第五十九話へ>

bottom of page