top of page

クリニック紹介

​お知らせ

コーヒーを飲む女性

子宮の教科書 第五十話

ピルを飲んでも生理は止まりません!


ピルを飲んだら、毎月の生理の出血もなくなると思っている人がいます。

ピルを飲んだら排卵はなくなりますが、出血はあるということを、覚えておきましょう。

排卵後、女性ホルモンによって子宮内膜が厚くなりはがれ落ち、交換するのが、生理の現象だということは、先にお伝えしました。

ピルで外から女性ホルモンを摂取する場合、排卵は起きませんが、通常と同じように子宮内膜は厚くなります。

この厚くなった内膜は、ピルを飲むのをやめることによって、それが合図となって剥がれてくるのです。

たとえば、ピルを3週間飲んで、1週間飲むのをやめると、急に薬が切れます。それが合図になり、厚くなった内膜がパカッとはがれます。

つまり、わざと生理としての現象をおこしているのです。

生理が自然に来ているときと同じように、ピルでも似たようなことをさせるわけです。

ただし、ピルにより摂取するホルモンの量が少ないことから、内膜が通常と異なりあまり厚くならないため、全体にはがれる量も少なくなります。

結果として、出血する量や痛みが少なくなり、生理期間も短くなるわけです。


また、あえて毎月生理を起こす必要は、とくにありません。海外では、腕にピルのカプセルを埋め込んだり、「ニュバリング」というリング状のものを膣の奥にパコっとはめてしまい、そこからホルモンを3ヵ月ぐらい出し効かせることで、3ヵ月ほど生理を止めるケースもあるぐらいす。



著者:宗田 聡医師(広尾レディース院長)

引用:31歳からの子宮の教科書(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)


Comments


bottom of page