top of page

クリニック紹介

​お知らせ

コーヒーを飲む女性

子宮の教科書 第二十五話

更年期の症状を過大評価しない


よく勘違いされているのですが、更年期は病気ではありません。

新生児期、幼年期、思春期などと同じように、誰にでも訪れる時期の呼び名なのです。


たとえば、10代半ばに訪れる思春期について考えてみてください。

この時期には、身体に、思春期特有のいろいろなことが起こりますよね?

ニキビができたり、急に身体が大きくなったり、女性であれば胸が大きくなったり…。それは異常でも、病気でもありません。


女性ホルモンがなくなる更年期には、それに伴う症状が、人によって多かれ少なかれあります。

当然、その症状には個人差があり、程度問題です。


たとえば思春期はいくらニキビが出る時期とはいえ、ブワーッと顔面全体に出てしまって痛々しい人は、やはり治療が必要です。

あるいは、急に骨が発育することで、運動すると関節が痛くなることもありますが、激しい運動をしたときなどに問題があれば、これも治療が必要になります。


更年期も同じです。

顔がほてったり、イライラしたり、肩凝りがあったり、疲れやすかったりといった症状が、それまでと比べて多少なりとも出てきます。

けれどもそれが、仕事にかなりの支障が出る、寝込んでしまうなどということでなければ、心配はありません。

更年期には当たり前のことです。


そして、更年期とは、45~55歳の間だということを、間違えないようにしましょう。


ある内科の先生からの紹介状に「更年期障害による腰痛のためお願いします!」と書いてあったので、

患者さんを診たところ、なんとその方が72歳だった、なんてことも。


本人に念のために確認しても、十数年前に閉経しているとのこと。

いくらなんでも「更年期」ではありません。

むしろ、70歳代ということから「骨粗しょう症」など腰の骨の病気が心配な方でした。

お医者さんでも間違えることがあるんです!


著者:宗田 聡医師(広尾レディース院長)

引用:31歳からの子宮の教科書(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)


Comments


bottom of page