top of page

クリニック紹介

​お知らせ

コーヒーを飲む女性

子宮の教科書 第十七話

「対策」

今の自分の状態をちゃんと専門の先生に診てもらおう!


もし、10代や20代の頃に、

お医者さんから


「妊娠しにくいね」


「将来不妊になる可能性が高いね」


などといわれて、今も悩んでいるのであれば、それは一旦忘れてください。


そして、今、あるいは将来子どもが欲しくなったときに、改めてしっかり調べてもらいましょう。


今のあなたの状態を知りましょう。


検査の内容や精度も昔と今では違いますし、何と言っても、あなたの身体そのものが、毎年変わっていきます。

必ず今の時点でのあなたの状態をしっかりと専門家に診てもらい、アドバイスをもらってください。


著者:宗田 聡医師(広尾レディース院長)

引用:31歳からの子宮の教科書(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)


Comments


bottom of page