羊水検査のご案内

広尾レディースの羊水検査は正確・安全・安心です。

  • 院長は20年以上専門家として羊水検査を行なっており、もっと手技の難度が高い胎児治療の経験も豊富です。
  • 原則、羊水検査前には遺伝カウンセリングを受けていただきます。
  • 針は極細で内側の針が抜けて外筒(チューブ)だけが子宮内に留置するタイプのため、 赤ちゃんに安全です。
  • お腹の皮膚に局所麻酔をするので痛くありません。
    (麻酔アレルギーの既往がある方はあらかじめお申し出ください)
  • 検査時にご主人やご家族の立会いも可能です。
  • 2〜3週間後に染色体核型検査(G-band法)の結果をお話します。
  • 結果は医師より直接お話しさせていただきます。
  • 結果用紙をお見せしながら説明し、染色体検査結果の用紙はお持ち帰りいただきます。

羊水検査の手順

妊娠15-18週ごろに超音波で確認しながら検査を行ないます。

  1. 最初に赤ちゃんの元気な状態や胎盤の位置、子宮筋腫などの異常がないか超音波でよく観察します。
  2. お腹をよく消毒し、皮膚表面に麻酔をおこないます。
  3. 超音波で観察しながら、極細の特殊な針(外筒のチューブと内針がセットの二重針です)を刺して内針は抜き去ります。残った外筒チューブを利用して注射器で羊水をとります。
  4. 検査時間は5〜10分程度で終了します。
  5. 検査が終わったあとは30分ほどハーブティーなど飲んでいただいて、ゆっくりしていただきます。
  6. 検査結果は、原則2週間後に確認の電話を入れていただき、レポートが届いていればご来院可能となります(一部、2週間を過ぎることもありますので、必ずご確認いただいています。)

羊水検査の詳しいこと

ニンプス「受ける?受けない?その前に考えよう  出生前診断」
LabCorp「羊水検査  Q&A」

まずは胎児ドックを受けましょう

胎児ドック(胎児超音波スクリーニング)は、超音波診断装置(エコー)を使用して赤ちゃん(胎児)の発育を見たり、赤ちゃんの形態的な異常や胎盤、へその緒の異常を見つけることにより、生まれる前から赤ちゃんの管理・治療を適切に行う事を目的にしています。

結果はあくまでもリスクの可能性を算出したものなので、リスクが高いと感じた場合の次のステップとして母体血清マーカー検査(クアトロ検査)や羊水検査があります。

胎児ドックについての詳細はこちら