検診・予防接種

子宮頸がん検診

5分の検査で子宮頸がん予防!

子宮がんは大きく分けて「子宮体がん」と「子宮頸がん」の2種類があります。閉経後の女性がかかることが多い子宮体がんに比べて、子宮頸がんは20代から30代という比較的若い世代がかかりやすく、日本では毎年約15,000人が発症しています。初期の段階では自覚症状がほどんどないのが子宮頸がんの特徴です。そのためしばしば発見が遅れることもあり、20~30代の女性のがんによる死亡原因では第1位にもなっています。また、子宮頸がんにより、出産の機会を失ってしまうことも少なくありません。

一般に「子宮がん検診」と呼ばれるのは、子宮頸がんの検査のことです。検査そのものは5分ほどで終了する簡単なものです。1年に一度は定期的に検診を受けましょう。(子宮頸がん検診の流れについてはこちら

定期検診で、がんになる前の「前がん病変」の発見ができれば、治癒することもできます。また、子宮のがんには、子宮摘出のイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、早期発見であればそれも不要になるケースが多いものです。

完全予約制で待ち時間を短くし、検診に定期的に通いやすくなるよう様々な配慮をいたしました。

がんは、早期発見が何より大切。あなたの大切な命と将来を守るため、年に1度の検診にぜひ広尾レディース~恵比寿本院~(恵比寿駅徒歩2分)を活用してください。

子宮頸がんの予防

子宮頸がんは、20~30代の女性にとって怖いがんのひとつではありますが、原因がわかっているため、予防も可能。

ほぼ100%がHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染が原因です。なので、ウイルスの感染を防ぐために、まだ子宮頸がんになっていなければ、10代から子宮頸がんの予防接種を積極的に打っておきましょう。

中高校生で条件が合えば予防接種費用も公費によって負担軽減しますが、それ以外は通常の予防接種と同様に自費となります。(子宮頸がん(HPV)予防接種についてはこちら

広尾レディース~恵比寿本院~では、子宮がん検診の時に区や市町村の無料検診で行われる細胞診だけでなく、原因となるウイルスに今感染しているかどうかHPVのDNA検査も同時に行っています。また、体調が気になる方には、子宮や卵巣に病気がないかどうか調べるエコー検査や女性がかかりやすい病気(バセドウ病などの甲状腺疾患や貧血など)を調べられるさまざまなコースも設置しています。

渋谷区子宮がん検診の契約医療機関
子宮頸がん検診の流れ

レディースドックの多くに子宮頸がんの細胞診検査(子宮頸がん検診)が入っています。
20歳以上の女性は、毎年受ける事がすすめられている検査で、最近では、会社の健診や市区町村の無料健診などでも受ける事ができるようになってきました。当クリニックでもご希望に応じた様々な検査コースをご用意しております。

受診前日まで
① ご予約

事前に予約が必要です。お電話でご予約ください。 

予約電話番号:03-5447-2900
 

生理中の方でも受診可能ですが、できる限り生理期間と重ならないように調整してください。
妊娠中の方は主治医と相談の上、受診の際にお申し出ください。

② 受診前日まで

事前に予約が必要です。お電話でご予約ください。 

予約電話番号:03-5447-2900

生理中の方でも受診可能ですが、できる限り生理期間と重ならないように調整してください。
妊娠中の方は主治医と相談の上、受診の際にお申し出ください。

受診前日まで
③ 受付、問診票の記入

受付で、「お名前」をお伝えください。 
問診票に普段の生活、既往歴などについて記入していただきます。
また、子宮がん検診歴のほか、生理周期、結婚歴の有無、妊娠・出産および授乳経験、
子宮がんにかかった家族はいるか、などを記入します。
また不正出血やおりものなど、気になる症状や医師への質問がある場合もあわせて記入してください。

④ 問診

これまで婦人科の健診で再検査を受けた事がないか?
子宮筋腫など婦人科特有の病気を指摘された事がないか?
など、お聞きします。

⑤ 診察準備

ズボン、ストッキング、ショーツなどを脱いでいただきます。
スカートやワンピース、靴下はそのままでも検査可能です。

⑥ 内診

診察台に座っていただくと、合図とともに自動で椅子が動いて、
診察に適したポジションまで移動しながら動きます。
台が止まったら、子宮頸部や膣の内部に出血の有無やびらん(ただれ)などがないかを調べます。
カーテンによる圧迫感や診察中に医師やスタッフの顔が見えた方が安心な方は、
カーテンを開く事もできますので、お申し付けください。

⑦ 子宮頸部細胞診

子宮の入り口を専用のプラスチック製の採取器具でこすり、細胞を採取します。
細胞採取は一瞬で終わり、痛みもありません。
ただし検査後に軽い出血を伴ったりすることもあります(心配はありません)。
日常生活は普段通りでかまいません。入浴も差しつかえありません。 

⑧ 診断結果

検査の結果、精密検査が必要な場合は、専門の病院へご紹介いたします。