渋谷区・港区の産婦人科 広尾レディース

TEL:03-5447-2900

お薬で症状軽減
-生理痛について-

月経中の下腹部の痛みや腰のだるさといった生理痛(月経痛)は、女性にとって大きなお悩みの一つだと思います。

けれども、「病気ではないから・・・」と我慢してしまう人も多く、また個人差も大きいため、ほとんど痛みを感じない方から寝込んでしまうほどのつらい痛みに苦しむ方まで様々です。

中には月経のたびに学校や仕事を休まなければならず、困っている方もいるのではないでしょうか。

若い女性や冷え・ストレスが生理痛の原因

生理痛の原因はいくつも考えられます。

たとえば、寝込んでしまうほどの痛みを伴う「月経困難症」や、お産したことがない女性の場合は、膣につながる子宮の出口(頸管や子宮口)が細く硬いため、流れ出る血液がスムーズに通れずに、痛みを伴うためと考えられています。

頭痛や吐き気、下痢を伴う人もいれば、ストレスなど心理面が影響して急に症状が重くなる方もいらっしゃいます。

つらい生理痛の軽減には低用量ピルをおすすめしています

生理痛は症状にあった薬や治療で軽くすることができます。広尾レディースでは、最近は高校生でも生理痛の治療によく使っている低用量ピルを用いた治療も行っております。つらい生理痛はがまんせず、お気軽にご相談ください。

また、生理痛が子宮筋腫子宮内膜症など隠れた病気のサインであることもあります。

上記の症状がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

宗田院長の新著「31歳からの子宮の教科書」絶賛発売中!

渋谷区ドクターズインタビュー

妊婦手帳 女性のミカタ