院長挨拶

広尾レディース院長:宗田聡

2012年9月に、この恵比寿(渋谷区)の地で新しいクリニックを立ち上げました。

病院やクリニックに来院していただくということは、女性にとっては非常に不安で、誰しもが予約をとることすら大きな勇気がいることではないかと思います。広尾レディースでは、そうした女性のひとりひとりが安心して、ゆったりとリラックスし、満足のいく健診や医療を受けていただけるよう、十分な体制を整えました。

忙しい日々の中で、完全予約制により待ち時間をできるだけ短縮し、安心して身体全体の健康管理を任せていただけます。「産科崩壊」「妊婦難民」と呼ばれるようになって、大病院に妊婦さんが集中することで大変な状況になっておりますが、当クリニックでは日本赤十字社医療センター、愛育病院と連携した「セミオープンシステム」により、普段の外来での健診をゆっくりと受けていただくことが可能になりました。また、3D/4D胎児超音波機器(エコー)は、この数年で大きく進歩している領域ですが、最新の機器によって驚くほど綺麗でリアルなお腹の赤ちゃんのエコー像を見て、保存することができます。

レディースドックのみならず、子宮頸がんを予防するワクチン低用量ピルの有効性(生理痛、PMS、生理不順)など、女性の身体を守ることにも積極的に取り組んでいます。さらに女性の健康に関する啓蒙活動も継続的に行っています。

20数年の産婦人科臨床経験を活かし、最先端で専門的な医療を提供すると同時に、東京の地で7年間多くの女性の皆様のプライマリーケアやトータルヘルスの外来を担い、多くの方からご支援ご信頼いただいた実績をもとに、本当に安心で信頼できる心暖かい医療を行っていきたいと思います。

疑問に感じられた点やお気づきの点などありましたら、何なりとお近くの職員にお申し付けくだされば幸いです。お寄せいただいた貴重なご意見をすべて無駄にすることなく、我々の日々の進歩に活かしていきたいと思います。

今後とも、広尾レディースが全ての皆様からご信頼、ご安心いただける医療機関を目指して職員一同がんばってまいります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成24年12月   広尾レディース院長   宗田  聡
院長のプロフィールはこちら